黄昏月

tasogare55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:台湾旅行2015( 36 )


2016年 01月 08日

朝ごはん~西門の駅へ(12月28日)#1

ゴースリープホテルの朝ごはんはバイキングだった。
ラーメンから、ルーロウファンから、シュウマイ
花巻のようなパン、豆乳やおかゆまで種類も豊富。
c0358326_05250716.jpg
現地の食べものっぽいものをチョイスしてみる。
ルーロウファンもこちらのは五香粉がきいていて美味。
ビーフンや、キャベツの炒め煮みたいなものも味付けが良いし、
なにより野菜料理が豊富でヘルシー。

部屋はイマイチなホテルだけど、ここの朝ごはんは充実していました。

朝ごはんを食べたら出かける。

まずは西門駅に。そこから地下鉄に乗るのです。
朝の景色。
c0358326_05252317.jpg
夜にはどこを見ても人・人・人だった賑やかな街も、朝は静か。

c0358326_05253536.jpg


歩いていたら偶然お寺を発見。
台北天后宮というお寺らしい。

c0358326_05254559.jpg
c0358326_05255826.jpg


なにやらお経のようなものや、歌声まで聞こえてくる。

c0358326_05260969.jpg


ろうそくがいっぱいで、次から次にお参りする人が。
ワタシ達は、お作法がわからないので、見るのみ。
幻想的で美しい。

c0358326_05261830.jpg
c0358326_05271113.jpg


池には立派な鯉が。

c0358326_05272202.jpg
屋根は賑やかな造り
c0358326_05273131.jpg


駅まで行くのにも初日はキョロキョロしたり写真を撮ったりと、
もの珍しく、なかなかたどり着かないのであった。




[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-08 05:57 | 台湾旅行2015 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 06日

初めてのごはん(12月27日)#3

台北で初めてのごはんを食べるために店を探す。
もうすっかり夜になり、疲れてもいたので、ホテルの近くのお店へ。
日本で調べて、行ってみたかった西門にある『天天利美食坊』へ。

c0358326_05461460.jpg


住所 台北市漢中街32巷1號
電話 02-2375-6299
営業時間 9:30~23:00

こちらのお店、言えば日本語のメニューを出してくれます。
ありがたや。
さっそく頼んだのは、滷肉飯(ルウロウファン)小25元 +加蛋10元(約120円)

c0358326_05450839.jpg


加蛋とは卵のこと。半熟の目玉焼きがちょっと甘めな味付けの
そぼろのお肉の上に乗っていて、混ぜて食べるととっても美味しい。

こちら現燙青菜 30元(約120円)
シャキシャキの青菜の上に香ばしいものがパラパラと
かかっていて、ちょうどよい塩梅。

c0358326_05451736.jpg


大根餅も注文してみた。50元(約200円)
ちょっとにんにくのきいた甘じょっぱいタレに絡めて食べる。
これだけでも結構なボリューム。ビールが欲しい。

c0358326_05452730.jpg


乾麺は小さいサイズで35元(約140円)
もやしとお肉が乗った汁なし麺。
ちょっとピリ辛で、混ぜて食べると美味。

c0358326_05445972.jpg


コザカナ君のために魚丸湯30元(120円)も。
魚のお団子が入ったスープ。
優しい味わい。

c0358326_05453855.jpg


他にも台湾ラーメンとレタスの炒めたものも注文。
どれを食べても美味しくて、なにより安い!

このお店は台湾の人でいっぱい。持ち帰りの品を並んで待つ人の列、
お店の席が空くのを待つ人、常に満席状態。
両隣のお店が可愛そうになるほど、賑わっていて活気があった。
店の入り口に戸はなく屋根と壁があるのみで屋台状態。

THE食堂という感じのお店だけど、現地の雰囲気満載で、
初めての台湾での晩ごはんは美味しくて大満足。
特に滷肉飯(ルウロウファン)は絶品でした。
機会があったらまた絶対に食べに行きたいぐらい。

帰りはコンビニでマンゴーアイスとビールを買い、ホテルに戻る。
マンゴーアイスも濃厚で美味しゅうございました。



[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-06 09:53 | 台湾旅行2015 | Trackback | Comments(2)
2016年 01月 05日

宿へ(12月27日)#2

桃園空港から台北中心部へはバスで移動しなければならない。
ここは1度台湾へ来たことがある父に任せてバスの切符を買ってもらう。

バスに乗り、1時間半以上過ぎても、台北駅に着かない。
高速バスに乗らなければならないのに、なんと各駅停車の
バスの切符を買って、乗ってしまったらしい。あらら。

やっとこさ台北駅に着き、宿のある西門町(シーメンティン)までは
タクシーで移動。料金は90元(約360円)だった。安い。

今回泊まった宿はゴースリープホテル(漢口)
6人(3部屋)で5泊するため、豪華なホテルには泊まれない。
予約した10月には3部屋を5泊いっきに予約できる宿は
もうあまりなくて、ここに決まったのだった。

部屋は簡素な作りだけど、2000人泊まっている割には
シャワーのお湯もたっぷり出て、清潔感はある。
寝るためだけに帰ってくるだけの部屋なので、まぁ仕方ないか。

ツインのベッドを力ずくでくっつけて一つにする。
初めてベッドで寝るコドモが寝ている時に落っこちないように。

c0358326_05463586.jpg


荷物を置きごはんを食べるために外へ。
ホテルのある西門町は日本の原宿のような街らしい。
あちこち歩行者天国になっていて、どこを見ても人・人・人。

c0358326_05455229.jpg
c0358326_05460350.jpg
c0358326_10083590.jpg


音楽のパフォーマンスをしていたり、屋台があちこちに出ていたり。
とにかく賑やかなのだった。



[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-05 08:18 | 台湾旅行2015 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 04日

出発の日(12月27日)#1

c0358326_13384619.jpg

朝、ホテルから見えた朝焼け。
なんてきれいなんだろう。

c0358326_13385524.jpg


ホテルで朝食を食べ、成田空港第二ターミナルへ。
20年ぶりの空港でおのぼりさん状態。

c0358326_13391408.jpg


c0358326_13392732.jpg


いろんな国の飛行機や、いろんな国の人が行きかう。
年末なのでとても混雑している。

c0358326_13390542.jpg


ワタシ達が乗るのはJAL。意外と小さなコンパクトなタイプの飛行機だった。
飛行機が大嫌いで、前回乗ったときはもう二度と乗りたくないと
思ったのに、とうとうこの日が来てしまった。
あぁ・・・南無阿弥陀仏。

「本日は西風により、機体が揺れることが予想されます」
というアナウンスが。Oh!南無阿弥陀仏!!

CAさんの過剰な笑顔が何よりも怪しい。
なにか危険なことを隠しているんじゃないか・・・
被害妄想が拡大。生きた心地がしないとは、まさにこのことだ。
そのうち、富士山が見えてきた。写真はコドモが撮ってくれる。

c0358326_13393855.jpg

お昼ごはんの時間。南無阿弥陀仏で怖すぎて、食欲は無い。
コドモは怖いと言いながらも、備え付けの画面でゴルフゲームに熱中している。
気楽なものだ。

c0358326_13395985.jpg


食欲はないけれど、ワインで景気をつけなければ!!
正気では乗り切れそうもない。赤ワインをいただく。
ワインを呑んで、やっと体に血の気が戻ってきた。

雲の上は青空。なんて美しい。
でも、この雲をくぐり抜けなければ、陸地には着けないのであった。

c0358326_13401069.jpg
台湾の陸地が見えた。雨が降っている。
台湾の桃園空港に到着。
やれやれ、やっと着いた。とは言っても4時間ほどの空の旅。
台湾は近いのであった。
c0358326_13401971.jpg




[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-04 14:18 | 台湾旅行2015 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 03日

台湾旅行前日

c0358326_16322680.jpg

最後の荷造りをし、ガスや電気のチェックをし、部屋の植物たちに水を遣り、
金魚に餌をあげ、バタバタと長野を正午に出発。
久しぶりの新幹線・・・
缶ビールを一本開けて、ぐびぐびっと呑む。

東京に近づくにつれて、ビルが見えてくる。
東京に来るのだって2年ぶりかなぁ。
海外に出かけるのだって、20年ぶりなんだから、驚いてしまう。

c0358326_16333399.jpg


本日は成田駅にあるアパホテルに泊まるのだ。

アパホテルは、コンパクトな作りだけど、ただ泊まるだけには
過ごしやすいホテルだった。派手な名物社長さんの写真が(笑)

13階の部屋からは沈む夕陽が見えた。

c0358326_16263972.jpg


ごはんを食べがてら、せっかくなので成田山新勝寺を見に出かける。

c0358326_16264734.jpg


さすがに、有名なお寺だけあって仲見世通りにはお店がずらり。

c0358326_16265433.jpg


夜なのにお客さんもたくさん。外国人も多い。

c0358326_16270267.jpg


c0358326_16273433.jpg


c0358326_16272681.jpg


特に多いのが鰻屋さん。ここは鰻のメッカらしい。
お客さんもたくさん入っていた。

c0358326_16271031.jpg


c0358326_16271878.jpg

夜の成田さん、写真ぶれぶれ。
旅の無事を祈願する。

ごはんは、歩いていて見つけた炭火焼、釜飯のお店月の家へ

子供2人と大人4人の大移動。
台湾に行く前に、すでにヘトヘトなのだった。
続く。


[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-03 17:00 | 台湾旅行2015 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 02日

元日の富士山


朝、6時にホテルを出発して、台湾の桃園空港へ向かう
バスの中から見た初日の出。

c0358326_06025485.jpg

10時出発のJLに乗り、14時に無事に日本に帰国。

c0358326_06030164.jpg


飛行機の中からは、遠くに富士山が見えました。
お正月からおめでたい気分。

c0358326_06030920.jpg

それにしても疲れた・・・
今日朝起きて、鏡を見たら、疲れ果てて
魂が抜けた老婆のような顔の自分が映っていた。
やれやれ。
でも今日から仕込み開始で、明日から仕事。
頑張ろう。


[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-02 06:12 | 台湾旅行2015 | Trackback | Comments(0)