黄昏月

tasogare55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:台湾旅行2016( 19 )


2017年 02月 09日

2016台湾旅行 お土産いろいろ(1月1日)#20

台湾最終日。
具合の悪くなったコドモは昏々と眠っている。
ワタシは暇なので、TVで紅白歌合戦の再放送をひたすら見ていた。

お昼になり、みんな観光から帰ってきたので、
ワタシは、ホテルの近所のお茶屋さんに歩いてお茶を買いに行く。

新純香・・・こちらのお茶屋さんは、日本語も通じるし茶葉も美味しいものが
売っていると評判のお店。
そして、お茶請けのお菓子、舞茸チップスや凍頂烏龍茶梅やパイナップルケーキも
美味しいらしいのだった。
実際に購入したお茶も、お菓子もとても美味しく、お店の方も親切に
色々教えてくださって、行ってよかった。
c0358326_05260761.jpg
お昼ごはんは、仕方なくコンビニごはん。
ファミリーマートもセブンイレブンも、あちらこちらにあるのだった。

義理の妹が買ってきてくれたガーリックフランスパン。
福利麺包
住所 台北市中山北路三段23号之5
奶油大蒜法包(ガーリックフレンチブレッド)
c0358326_05250645.jpg
父が買ってきてくれた、世界のコンテストで1位になったことがある
パン屋さんのレーズンが入ったパン。

誠品生活松菸店地下2階にある吳寶春麥方店のパン
c0358326_05251845.jpg

[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-09 05:35 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 04日

2016台湾旅行 (1月1日)#19

c0358326_06204058.jpg
せっかく部屋から台北101が見えるというのに、昨夜はぐっすり眠ってしまった。

12月31日の大晦日の深夜0時には、台北101の建物から花火が飛び出し、
それを見物に来る人がたくさんいるのだった。

部屋から見ようと思っていたけれど、この部屋は防音もしっかりしているため
外の音も聞こえない。去年のホテルでは、花火の打ちあがる音や、外で新年を祝う人の
声がすごく聞こえてきたので、目が覚めたのに。

1月1日朝になり、コドモが吐き気がすると言う。お腹の調子も悪いらしい。
旅先で、なんということだ。今日で最終日というのに。

朝ごはんも食べられず、ベッドに横になるコドモ。
とりあえず、ずーっと昔、胃腸炎になったときに病院からもらって
余っていた薬を日本から持ってきていたので飲ませる。
ナウゼリンという薬。
旅行の時は、こういう薬をいつも持ち歩いているけれど、実際に役に立つものなのね。

午前中は、ワタシとコドモはホテルに残り、皆には観光を楽しんできてもらう。


[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-04 06:29 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 03日

2016台湾旅行 冠京華へ(12月31日)#18

ホテルに荷物を置いて、少し休んだ後は、地下鉄に乗って南京復興駅へ。

晩ごはんを食べるため「冠京華」というお店へ。

c0358326_05384334.jpg
ここは去年台湾に来たときに、おじさんが単独行動で行ったお店で、
ごはんがすごーく美味しかったというので、今回行くことにしたのだ。
ちょっと前に出た、クレアの台湾特集にも取り上げられていたお店。
c0358326_05404028.jpg
こんな厨房で作っている。店内は満席で店の前にも行列が。
少し待って中に入る。
c0358326_05390053.jpg
こちらメニュー。日本語でも書いてあるのでわかりやすい。
けれど、店員さんは日本語は話せない(たぶん)。
c0358326_05402852.jpg
本当はかにみその小包が美味しいらしいのだけど、売り切れだということ。
残念!
まずはビールでつまむ。
c0358326_05391138.jpg
野菜餃子。包んであるひだが美しい。そして美味しい。
c0358326_05394262.jpg
海老しゅうまい。
日本のしゅうまいとは違い、中がすごくジューシー。美味しいのだ。
c0358326_05395286.jpg
こちらおじさんのオススメハム炒飯とえび炒飯。
ハム炒飯はハムがありえないぐらい細かく刻んであって美味しい。
量も1人では食べきれないぐらい多くて、これで400円しないなんて
安い。
c0358326_05392205.jpg
ワンタンスープも、プリプリのわんたんがたっぷり入って
320円以内。安い。そして美味しい。
c0358326_05393337.jpg
こういう地元に根ざした食堂のごはん、満足。
大人数で旅行すると、大変なこともあるけれど
ごはんの時に色んな種類が食べられるというのは利点です。
今度は、かにみそ小包を食べに来たい。(今度は果たしてあるのだろうか)

[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-03 05:54 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 02日

2016台湾旅行 三峽へ(12月31日)#17


台湾の三大祖師廟ともいわれる、清水祖師廟。
柱の彫刻がとても美しい。

c0358326_05310497.jpg



日本統治時代に作られた街だそうで、赤いレンガでできている。

c0358326_05475332.jpg



この日は土曜日だったからか、すごく賑わっていた。

c0358326_05501003.jpg


c0358326_05482857.jpg


c0358326_05504360.jpg


c0358326_05510793.jpg


c0358326_05513296.jpg


c0358326_05543139.jpg



暑いので、かき氷でも食べようとお店に入る。
「阿宗芋冰城」レトロな内装。
c0358326_05515994.jpg
c0358326_05522818.jpg
抹茶のかき氷は巨大すぎて、とても1人では食べられない量。
c0358326_05525757.jpg
私はタピオカの豆花。これが、本当に体にしみいるように美味しかった。

c0358326_05532575.jpg
ここで相席になった、台湾人のカップル(ご夫婦?)。
男性は、日本に3回旅行に行ったことがあるそうで、日本語が上手。
日本語に興味があるから勉強しているそうで、色んな話ができて
とっても楽しかった。旅の醍醐味って、こういうコミュニケーションにあるよなぁ。
ちょっと一休みするつもりの時間が、とても思い出深いものになった。

帰りはバスでまた鶯歌に戻る。
バス停の場所や、乗るべきバスがわからないので、近くにいる人(台湾人)に
尋ねると、その人達も鶯歌から、台北まで電車で行くとのこと。
「follow me!」と笑顔で言われる。
あちらでは、年配の方でも英語が当たり前のように話せるのね・・・

親切な人に助けられ、無事にホテルまで戻ることができた。




[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-02 05:59 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 02日

2016台湾旅行 三峽へ(12月31日)#16

鶯歌で、器を見た後は、三峽という街へ。
車で10分ほどの距離にあるので、バス停でバスを待つ。

照りつける日差しと、暑さ、来ないバス。時刻表の読み方はわからない・・・
ということで、バス停で待っていたにもかかわらず、駅にいるタクシーに交渉し移動。

ところがこのタクシーが曲者で、渋滞しているからとすごく遠回りをし、
日本円で1600円以上のお金を取られた。

実際に帰りにバスに乗って確認したところ、渋滞しているのは
ほんのわずかな橋の上の区間だけでそんなに遠回りをする必要もないのだった。
台湾では、ほぼ嫌な思いをしたことがなかったけれど、このタクシーの
一件だけは、残念な出来事だった。

三峽に着き、まずごはん。
ごはん屋さんについては、なんの情報も持っていない。
しかも、もう1時半。子供達もお腹がぺこぺこなのだった。

目に付いたお店に入る。

メニューの写真だけはきれい。
c0358326_05302729.jpg
とりあえず、ビール。
c0358326_05303916.jpg
やはり、ちゃんと調べてこないと美味しいごはんには
ありつけないのだった。
炒飯
c0358326_05301477.jpg

滷肉飯
c0358326_05294327.jpg
安くて、簡素なごはんを食べて街へ散策に。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-02 05:34 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 27日

2016台湾旅行 鶯歌へ(12月31日)#15

いつも乗っているのはMRTという地下鉄だったけれど、
初めて台湾鉄道に乗って、「鶯歌」という街に行く。
12月31日の大晦日だけあって、電車の中はすごく混んでいる。
けれど、台湾では小さな子供や老人がいると、すぐに席を譲ってくれるのだった。

うちの父も姪っ子ちゃんも、今回だけでも何回も席を譲ってもらった。
皆さん、子供を見ると微笑んでくれるのだ。本当にありがたい。
川を越えて・・・
c0358326_05095909.jpg
c0358326_05104068.jpg
電車で台北から30分以内だけれど、がらりと雰囲気も違う。
鶯歌は、陶器の街。老街(古い街並み)も残っている。
c0358326_05155663.jpg
c0358326_05191967.jpg
c0358326_05211182.jpg
c0358326_05212547.jpg
c0358326_05220552.jpg
c0358326_05222774.jpg
小さな街に60を超える窯元があるらしい。
重慶街という通りには、リーズナブルな器が置いてあるお店が多い。
その中の、「子士小舗」と「和昇茶陶坊」というお店で器を購入。
シンプルな茶壷と茶杯を。(家で大事に使っている)
c0358326_05260139.jpg


他にもたくさんのお店をのぞいたけれど、ゆっくりとは見れず。

この日は急に暑くなり気温は25度を超えていたと思う。
器になんの興味もない子供達のことも気がかりで、あまり写真も撮らず。

次の街へと向かう。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-27 05:39 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 25日

2016台湾旅行 雙連朝市へ(12月31日)#14

31日は、ホテルのある中山駅からMRTで一駅のところにある雙連朝市へ。

c0358326_05140851.jpg
果物・・・これ食べてみたかった。どんな味なんだろう。
1斤とは600グラム。このとき100元は日本円で約370円ぐらい。

c0358326_05144042.jpg


どーんと肉も豪快に売っている。この日は朝から暖かく、気温も高めだったけれど、
冷蔵庫に入れずに売っている肉。新鮮だからいいのだろうか。
c0358326_05145931.jpg

c0358326_05170963.jpg


魚もある。

c0358326_05175068.jpg


雙連香蔥花捲というお店で葱パンを購入。
c0358326_05325077.jpg
胡椒がきいたピリ辛で、美味しい。
台湾はやっぱり粉ものが優れている。
c0358326_05245424.jpg
こちらはにらや春雨がはいったパン。
c0358326_05233336.jpg
更に歩く。
斬新な売り方・・・の鶏。なんだかちょっとグロテスク。
c0358326_05225073.jpg

お寿司も売っている。韓国風のお寿司なのだろうか???
c0358326_05181766.jpg

ここでの一番の目的は、この麺を買うこと。
「塩水意麺」
ワタシは120元で買ってしまったけれど、
義妹ちゃんは違うお店で100元で買ったらしい。
この麺も、いろんな方がオススメしていたもので、是非購入したかったのだった。

c0358326_05325969.jpg

朝市はとにかく人で溢れている狭い通りだけど、
そこに更に車やバイクが入ってきて歩くのも大変。
でも、現地の生活を垣間見れるので、来てよかった。
c0358326_05232258.jpg

まだまだ朝なので、今日は台湾鉄道に乗って出かけるのだ。


[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-25 05:44 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 24日

2016台湾旅行 熱炒でばんごはん(12月30日)#13

買ったものを抱えて一度ホテルに帰る。

本当は調べておいたお店に晩ごはんを食べに行きたかったけれど、
1日中歩いてみんなお疲れなので、ホテルの近所で食べることに。

台湾では居酒屋のようなお店を「熱炒(ルーチャオ)」と言うらしい。
ホテルの近くには熱炒通りというものがあり、たくさんの居酒屋があった。
その中の一軒へ。

アスパラのサラダを頼んでびっくり。
上に台湾の甘いマヨネーズがたっぷりかかっている。その上にまぶしてある
カラフルなものは、チョ、チョコですか?
甘いマヨネーズ・・・あまり卵の味はしない。油っぽい感じかなぁ。
美味しいと言う人もたくさんいるけれど、人工的な味がしてワタシは苦手だった。
c0358326_05185646.jpg
いかの炒めたもの
c0358326_05192282.jpg
はまぐりとバジルを炒めたもの
c0358326_05193498.jpg
これはすごく辛かった。ピーナッツとえびの炒めたもの
c0358326_05211873.jpg
かえるの揚げ物は義妹ちゃんセレクト。
c0358326_05202928.jpg
とにかく店内は賑やかで、食べものの種類も色々ある。
でもやっぱり、お昼に食べたような小さな個人店のほうが落ち着いて
美味しいごはんを食べられるかな。

この日もホテルから、ライトアップした台北101が。
ホテルでは、コドモは姪っ子ちゃんと一緒にお風呂に入って、
一人っ子だけど、兄弟のような気分を楽しんだ模様。

やっと1日が終わった・・・(笑)
c0358326_05213600.jpg

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-24 05:37 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 23日

2016台湾旅行 永康街(12月30日)#12

お茶を飲んだ後は、永康街でお買い物。
去年行った、手天品社區食坊で、焼き菓子やパイナップルケーキを購入。
ここのお菓子は、本当に美味しくて気に入っている。
ぐるぐる渦巻きのシナモン味のクッキーやビスコッティ、
どれも素朴だけど噛みしめるほどに美味しくてついつい食べ過ぎてしまう。
c0358326_05555889.jpg
c0358326_05553059.jpg
すぐ斜め前にある宜和餅店にて、黒糖沙琪瑪という
柔らかい北京おこしも購入。
このお菓子は、量がたくさんだったので義妹と半分こする。
c0358326_05523653.jpg

c0358326_05383779.jpg

c0358326_05390239.jpg

去年見て、気に入った置き物がまだ飾ってあった(笑)
古書店にて。

c0358326_05394241.jpg

更に歩き、清淨母語というお店へ。
こちら義妹ちゃんのセレクトしたお店。

ドライパイナップルや豆腐乳、唐辛子の醤などを購入。
c0358326_06005317.jpg
台湾の街は古いものと新しいものが同居していて、
そこに不思議な魅力を感じる。


c0358326_05545343.jpg

c0358326_05541565.jpg


c0358326_05405454.jpg

c0358326_05402880.jpg

c0358326_05411868.jpg

最後は台湾のお茶屋さんでは日本人には有名な沁園さんへ

お店の人に聞きながらお茶を購入。
お土産用にも。
この赤いパッケージの紅茶が、料理研究科の内田真美さんの本や、台湾の本を出している
青木由香さん柳沢小実さんの本にも載っており、気になっていたのだ。

c0358326_06065168.jpg
こうしたお買い物は子供達には興味が無く、
ちょっと可哀想だったかな。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-23 06:15 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 22日

2016台湾旅行 青田茶館(12月30日)#11

ごはんを食べた後は、青田茶館・敦煌畫廊へ。
台湾のお茶が飲めて、子供連れでも行かれそうなところを
事前に調べておいたのだ。

c0358326_15035289.jpg


古い日本家屋を改装して作ってあるそうで、どこを切り取っても趣がある。
台北の市内では、ビルばかりでこうした平屋というのは
珍しいし、緑が豊かな庭も珍しいのではないだろうか。
ここだけ別世界で、街の喧騒を忘れる空間。
(犬もかわいい、やけに吠えてたけど・笑)

c0358326_15104325.jpg
c0358326_15101543.jpg
外観も、置いてあるものも趣があって素敵。
c0358326_15080046.jpg
c0358326_15042228.jpg

c0358326_15095826.jpg
しかし、ここでも6人の人数では入れないのか、待つことに。
店内は混んでいて、人でいっぱい。
茶館のほうではなく、ギャラリーにある席に通される。
ギャラリーではちょうど絵の展覧会をやっていて、その絵が
男性の全裸の絵ばかり(笑)もちろん全身くまなくばっちり描かれており、
どこを見てお茶を飲めばよいのやら・・・という多少の戸惑いが。

ギャラリーの中はこんな感じ。
c0358326_15111452.jpg
時間がないので、お茶はカップで注文する。
パイナップルケーキ
きんつば
蜜香紅茶
蜜香烏龍茶
ミントティー

c0358326_15112793.jpg
c0358326_15115231.jpg
お茶はどれも、とっても香りがよくて、ひと口飲むごとに、心が洗われるよう。
日本で飲んだどんなお茶とも違う味なのだった。

短い時間だったけれど、思い出に残るいい時間を過ごすことができた。
もし、また台湾に来ることがあったら、お茶についてもっと勉強したい。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-22 15:25 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)