黄昏月

tasogare55.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:台湾旅行2016( 19 )


2017年 01月 19日

2016 台湾旅行 六品小館へ(12月30日)#10

MRT(地下鉄)に乗って、東門駅へ。

永康街の奥のほうにある「六品小館」というお店へ。
お昼ごはんはここで、と決めていた。

店内は満席で並んでいる人もいて、もうすぐ閉店時間だからと
一度は断られた。(言葉は通じないけれど、なんとなく雰囲気でわかった)
どうしようか、と地図を見て外で悩んでいたら、急に席が空きはじめたようで、
店内に入れてもらえてほっとする。

お昼でも、美味しいものを食べるときはまずはビール。
台湾ビールはライトなお味。大抵、ぽってりとしたレトロなグラスが出てくる。
c0358326_04552132.jpg
お茶は、こういったアルミのやかん風なものに入っているところが多い。
かわいいので、家にも欲しいなぁ。
c0358326_04553034.jpg
ここは浙江料理のお店。中国浙江省に由来した料理で、中国八大料理の一つらしい。

・涼拌白菜心
白菜の芯の部分を細く切ってあり、干し豆腐、ピーナッツ、パクチーと
和えたサラダ。甘酸っぱくて、ピリ辛で美味しい。ビールが進む~。
ベトナムの青いパパイヤのサラダにも通じるようなニュアンスの料理。
c0358326_04560144.jpg
・雪菜百頁
雪菜と干し豆腐炒めもの。枝豆も入っている。
柔らかい雪菜と干し豆腐が美味しい。シンプルな味付けながら、滋味深い。
c0358326_04555103.jpg
・豆干牛肉絲
干し豆腐と牛肉の細切り炒め
干し豆腐に、牛肉とたれが沁みこんでいて美味しい。ごはんが何杯でもいける味。
c0358326_04561095.jpg
・砂鍋獅子頭
白菜と肉団子の煮込み鍋。大きな肉団子と、とろけるように煮込まれた白菜、
美味しい汁を吸った春雨が絶妙な味。
c0358326_04562024.jpg

紅燒黃魚
魚と豆腐の炒め煮
コクがある味付けの白身のお魚と、旨味を吸ってふっくらふわふわなお豆腐。
まわりのテーブルの人(たぶん現地の人ばかり)が頼んでいたので真似して
注文してみて正解。ごはんもビールもすすむ味付け。
お豆腐がふわふわなのに、形が全然崩れていないのがすごいなぁ。

c0358326_04564578.jpg



店内には唐辛子の漬けたものが。辛そう。
c0358326_04554076.jpg
とにかく、なにを食べても程よい味付けで家庭料理っぽいのだけれど、
きっと自分ではできないだろうなぁという美味しさ。
お豆腐が多用されているのも新鮮だった。

大人数で旅行すると、大変なこともあるけれど
料理をシェアしやすいので、いろんな種類が食べられるのは利点かも。

六品小館(總店)
台北市金華街199巷3弄8號
02-2393-0104
営業時間 11:30-13:30(休日14:00) / 17:00-20:30


[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-19 05:44 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(1)
2017年 01月 18日

2016台湾旅行 四四南村へ(12月30日)#9

台北101から徒歩5分ほどのところにある四四南村へ向かう。
c0358326_05244778.jpg
昔の古い建物が残っていて、それを複合施設として利用している場所らしい。

c0358326_05245950.jpg



前回来たかったけれど、来られなかった「好,丘」というお店。

c0358326_05285128.jpg

Made in Taiwanの物が色々売っているのだ。


c0358326_05254936.jpg
奥がカフェになっていて、ベーグルもたくさんの種類が売っていた。
時間がないので、ここではお茶はせず、買い物だけ。
お茶やお菓子、瓶のもの、紙のもの、台湾産のいろんなものがあって、
目移りしてしまう。
c0358326_05263451.jpg
買い物を済ませ、外にでるとまたかわいい鳥が。

c0358326_05292668.jpg
c0358326_05280352.jpg
c0358326_05294768.jpg
c0358326_05303203.jpg
c0358326_05301959.jpg
昔の軍人村だった施設らしいのだけれど、細かい部分の細工が
レトロでかわいらしくて、たくさん写真を撮ってしまった。
ちょっと明るい色で塗ってある窓や扉も、台湾らしくて素敵。

さて、次は駅まで戻り電車にのってお昼を食べに行くのです。



[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-18 05:44 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 18日

2016台湾旅行 台北101へ(12月30日)#8

台北101は地下5階、地上101階から成る、超高層ビル。

c0358326_05454414.jpg
去年台湾に来たときは、地下のフードコートでごはんを食べた。

今年は、展望台へ行ってみたいという父の希望でやってきた。
時速60.6キロメートルで上昇するエレベーターに乗り、91階の展望台へ。
もちろん、料金が取られる。

こんな景色。360度ガラス張りなので、台北を見渡せるようになっている。
高所が苦手なワタシは、来た瞬間にもう帰りたくなる。

PM2.5の影響なのか、台湾に来ると景色は大抵霞んで見える。
中国が近いからなのか・・・

c0358326_05470784.jpg


アイスクリーム屋さんとか、お土産屋さんもあり。
ビールも売っている。おじさんがビールを買ったら、800円だったそう。高い~!
陽気な牛。

c0358326_05473401.jpg

こちら87階から92階の中央部の吹き抜け空間にあるマスダンパー。
風によって、建物がゆらゆらと揺れないように、設置されているらしい。
写真では小さく見えるけれど、実物は巨大。これで建物を守っているのね。
台湾は、台風が多いからなぁ。
c0358326_05491411.jpg


帰りのエレベーターはすごく混雑していて、
200人ぐらいの人の列に並ばないと降りられない。

早く下界に降りたいワタシにとっては、恐怖の時間だった。
並んだ列には、日本人の方も多数。
(日本語で話しているからすぐ分かる。そして列への並び方が控えめ。)

まだまだ歩きます。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-18 05:07 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 17日

2016台湾旅行 光復市場素食包子店(12月30日)#7

ごはんを食べた後は、MRTに乗って市政府駅へ。
台北101を俯瞰で眺めながら、歩く。

c0358326_05405219.jpg


今回は、スマホのグーグルマップで行きたい場所を保存しておいて、
その地図を見ながら移動。
これだと絶対に道に迷わず、行きたいところにすぐに行かれる。
そのために、日本でレンタルWifiを借りてきたのだ。
同じ姿勢でスマホをいじるコドモとおじさん。
c0358326_05394295.jpg
歩いて行くと國父紀念館(中山公園)が。
急いでいるので、ただ通り過ぎるだけだけど、とにかく建物が大きい。
台湾では、こういう建物は皆大きく、スケールの大きさを感じるのであった。
c0358326_05354130.jpg

南国風の街路樹
c0358326_05412155.jpg
c0358326_05415531.jpg
朝市で賑わう道路を抜け、お目当ての「光復市場素食包子店」へ。

c0358326_05432981.jpg


次々と丸められていく包子。
c0358326_05423167.jpg
そして、これは蒸しているところかしら。
c0358326_05424306.jpg
お店の扇風機と、物干しが、シンプルでオシャレ。
c0358326_05435821.jpg
買ったのは四季豆素包(いんげん豆)の御饅頭。
シンプルな味付けなんだけれど、シャキシャキしたインゲン豆と
ふっくらとした生地がとっても美味しくて、何個でも食べられそう。
インゲン豆って、こんなに美味しいものだったっけ?という感動。
c0358326_05453095.jpg
他にも高麗菜(キャベツ)の包子も購入。
こちらはホテルで食べたけれど、美味しかった。
もしまた台湾に行くことがあったら、また食べたいなぁ。

近くには光復市場も。
c0358326_05421928.jpg
まだまだ歩きます。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-17 06:18 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 16日

2016台湾旅行 林森公園へ(12月30日)#6

次の日の朝、ホテルの近くにある林森公園まで
ごはんの前に、散歩に出かける。

ここの公園は、日本の台湾統治時代に日本人墓地として
利用されていた場所らしい。
大きな木が。
c0358326_05012945.jpg
c0358326_05041476.jpg
この鳥は近づいても逃げない。飛べないのかしら・・・
すごくかわいい。

c0358326_05005826.jpg


花が咲いていたり。
c0358326_05002756.jpg
c0358326_05024768.jpg
ピンクのジャージを着た方々が、踊っていたり
c0358326_05020216.jpg
ぐるぐる散歩をして、台湾の朝を少し感じることができた。

ホテルの朝食は、バイキング。
ネットで見ると評価が低めな朝食だったけれど、
パンやベーコン、スクランブルエッグや、ごはんにお味噌汁もあり、
そんなに悪い朝食ではなかった。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-16 05:14 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 15日

2016台湾旅行 寧夏夜市へ(12月29日)#5

毎日がお祭りのように、たくさんの屋台が
出店している夜市がある台湾。

せっかくなので、今回もホテルから歩いて行かれる
寧夏夜市に繰り出す。

まずは牡蠣のオムレツが食べられる『頼鶏蛋蚵仔煎(ライジーダンオアジェン)』
というお店。人気のお店なので、行列に素直に並ぶ。
c0358326_06151062.jpg
外にはたくさんの卵が。
c0358326_06152262.jpg
6人の大人数なので、店内で食べるのはやめにしてテイクアウトにする。
なので、写真はなし。片栗粉っぽいつるっとした食感が不思議な、
いわゆる日本のオムレツとはぜんぜん違った味わい。美味しかった。

いろいろなフルーツも売っている。
義妹が、グアバのカットフルーツを買ってきてくれる。
ジュース以外で生で食べたのは初めて。甘酸っぱい。
c0358326_06154747.jpg
c0358326_06163034.jpg
次は「古早味碳烤香腸」というお店へ。
こんな風に目の前で作ってくれます。
c0358326_06161260.jpg
お目当ては大腸包小腸。もち米で台湾ソーセージを挟んだ、ライスホットドッグ。
もっちりとしたごはんにプリプリのソーセージが。
生のにんにくがきいていて、けっこうなボリュームだけど、
新食感で美味しかった。

大人数で行くとなかなか座る席も確保できないほど混雑している夜市。
この日は、風もとても強くなってきて肌寒い。
これ以上の夜市は断念して、結局は去年も来た餃子屋さんへ。

「馥陽鍋貼水餃專賣店」
しかし、ここも混んでいて6人が座れる席がない。
仕方なく、外のテーブルで震えながら食べる。
焼き餃子
c0358326_06164843.jpg
ぷりっぷりの茹で餃子

c0358326_06170759.jpg


麺類

c0358326_06165880.jpg
寒いので、近くの小北百貨というスーパーでお土産を物色しホテルへ戻る。
相変わらずバイクが多い。
c0358326_06174670.jpg
途中で、おしゃれなお菓子屋さん発見。店先のディスプレイが素敵。
c0358326_06171760.jpg
ホテルのすぐそばに、50嵐が。
ジューススタンド。
ここで、タピオカミルクティをテイクアウトし、
部屋にて台湾の缶ピールと交互にすする。
c0358326_06180407.jpg
部屋からは台北101が見える。
バスタブもある部屋だったので、お湯を張ってゆっくり疲れをとる。
c0358326_06181208.jpg


[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-15 06:27 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 14日

2016台湾旅行 赤峰街へ(12月29日)#4

夕方の散策へ。
私たちが泊まったホテルの最寄り駅、中山駅の目の前には
三越(デパート)が。
お正月前でも、台湾はまだまだクリスマスムードに包まれている。
c0358326_06131776.jpg


他より抜きん出てゴージャスなホテル大倉もあるのだ。
(この写真では、全く伝わらないケド)

c0358326_06175514.jpg


歩いて、赤峰街という通りへ向かう。

ここは小さなお店が点在するスポット。

小器生活という器と雑貨のお店には、
日本の器もたくさん売っていたり。

c0358326_06142293.jpg

他にも写真には撮らなかったけれど、Mogu(蘑菇)という帆布のカバンが
たくさん売っているお店や、台湾の美味しいものや雑貨があるお店やら
カフェなどがちらほら。
そこを散策しつつ、寧夏夜市で向かう。

雙連駅のそばにあるこのお店の、四神湯というのは
柔らかいもつのスープらしい。
その付け合せには、肉包(肉まん)か肉綜(ちまき)が合うのだとか。
一度食べてみたいと毎回思いながら、通り過ぎるのであった。

c0358326_06144659.jpg



[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-14 06:46 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 13日

2016台湾旅行 出発の朝(12月29日)#3

ホテルの部屋は17階で、地震が起きたら怖いなぁと思っていた。
以前、東京に遊びに行ったとき15階の部屋にチェックインした瞬間に
新潟地震が起き、細長いビルがゆらゆら揺れて怖い思いをした経験があったから。

と思ったら、地震が起きた。茨城県を震源とする、少し大きめの地震だった。
怖い、怖い。
けれど部屋から見える夜景は格別。おのぼりさんは、それだけで感激なのでした。
c0358326_05305210.jpg
毎日仕事で4時半には起床しているし、リズムを崩さないために
休日にも同じ時間に起きているので、ホテルでも朝早く目覚める。
明けていく街並みをぼんやりと眺める。
c0358326_05312025.jpg
22階に大浴場があって、そこに展望台がついていた。
そこからは東京タワーも見える。(こちらコドモが撮影)
c0358326_05393964.jpg
c0358326_05313793.jpg
朝ごはんは、昨日品川駅の地下で買ったメゾンカイザーのパンを部屋で食べる。

そして羽田空港へ。今回は羽田空港→台湾の松山空港というルート。
飛行機は台湾の会社、エバー航空を利用した。
エバー航空は、機体にキティちゃんの絵が書いてあって、機内もキティちゃんでいっぱい。
c0358326_05512755.jpg
ごはんもキティちゃんなのだった。
(かわいいものに興味がない自分にはどうでもよかったけれど、姪っ子ちゃんには良いサービス)
c0358326_05314723.jpg
アイスクリームもキティちゃんのカップで。
c0358326_05321204.jpg
エバー航空は、ドイツの航空雑誌で、最も安全な航空会社の3位に選出されたり、
清潔さでも高評価を得ている航空会社だと読んだことがあったので、今回利用してみた。
実際に、キャビンアテンダントによる色んな場所へのチェックも念入りに
行われているのを見たりして、なんとなく安心感が・・・
また今度台湾に行くことがあったら、是非利用したいと思ったのでした。

無事に台湾に着き、松山空港からホテルへはタクシーで10分。
金額にして800円弱。

今回泊まったのは、ロイヤルイン台北林森(老爺商務會館台北)というホテル。
お値段もまぁまぁリーズナブルで、日本語が通じ、トイレに紙が流せる。
トイレに紙が流せないところが多い台湾においては、これははずせないポイントだった。
(去年は流せなかったので)

c0358326_05323138.jpg
日本とは1時間遅れの時差がある台湾は、まだ夕方。
荷物を置いて、台北の街へ出かけます。




[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-13 06:12 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 12日

2016台湾旅行 東京で前泊(12月28日)#2

晩ごはんは、電車で一駅の品川まで行くことにした。

あてどもなくぶらっと歩いていると、つばめグリル発見。
こちら人生のパイセンkaoponさんのブログ、「酔いどれて」
に何回か登場していたお店。

さっそく入ってみる。
店内も素敵で大人のお客さんがたくさん。

まずは黒ビールを注文。
田舎風パテ。

c0358326_05161224.jpg


にしんの酢漬け。さかなのお皿に盛り付けられていて
しゃれている。

c0358326_05162234.jpg


皆で食べられるように、ソーセージの盛り合わせ。

c0358326_05171860.jpg


ガーリックトーストも頼んでみた。

c0358326_05164635.jpg

c0358326_05175977.jpg


こちらは和風ハンバーグ。
うちのコドモチョイス。

c0358326_05190464.jpg


姪っ子ちゃん4歳はプレーンなハンバーグをチョイス。
このアルミの中に、熱々のハンバーグが。
そして左隅に見えるのが、コーンスープ。

c0358326_05184279.jpg


普段は、とっても質素な生活をしているので、
美味しいものを前に、少々の罪悪感・・・
(贅沢は敵だって、戦時中じゃないんだからと、自分につっこみをいれて)
まぁ、それでも1年に1度の贅沢だからいいか。
(しかも父にゴチになる→余計に申し訳なく思う。
甘えるってことが素直にできない、可愛げのない娘。)

正統派の洋食屋さんという感じで、とても美味しく
思い出に残る東京になりました。

美味しいごはんを食べると、何気ない1日が
特別な1日に変わるんだなぁと、再認識。

つばめグリル
東京都港区高輪4-10-26
tel:03-3441-0121


[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-12 06:00 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(2)