黄昏月

tasogare55.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 27日

2016台湾旅行 鶯歌へ(12月31日)#15

いつも乗っているのはMRTという地下鉄だったけれど、
初めて台湾鉄道に乗って、「鶯歌」という街に行く。
12月31日の大晦日だけあって、電車の中はすごく混んでいる。
けれど、台湾では小さな子供や老人がいると、すぐに席を譲ってくれるのだった。

うちの父も姪っ子ちゃんも、今回だけでも何回も席を譲ってもらった。
皆さん、子供を見ると微笑んでくれるのだ。本当にありがたい。
川を越えて・・・
c0358326_05095909.jpg
c0358326_05104068.jpg
電車で台北から30分以内だけれど、がらりと雰囲気も違う。
鶯歌は、陶器の街。老街(古い街並み)も残っている。
c0358326_05155663.jpg
c0358326_05191967.jpg
c0358326_05211182.jpg
c0358326_05212547.jpg
c0358326_05220552.jpg
c0358326_05222774.jpg
小さな街に60を超える窯元があるらしい。
重慶街という通りには、リーズナブルな器が置いてあるお店が多い。
その中の、「子士小舗」と「和昇茶陶坊」というお店で器を購入。
シンプルな茶壷と茶杯を。(家で大事に使っている)
c0358326_05260139.jpg


他にもたくさんのお店をのぞいたけれど、ゆっくりとは見れず。

この日は急に暑くなり気温は25度を超えていたと思う。
器になんの興味もない子供達のことも気がかりで、あまり写真も撮らず。

次の街へと向かう。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-27 05:39 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 25日

2016台湾旅行 雙連朝市へ(12月31日)#14

31日は、ホテルのある中山駅からMRTで一駅のところにある雙連朝市へ。

c0358326_05140851.jpg
果物・・・これ食べてみたかった。どんな味なんだろう。
1斤とは600グラム。このとき100元は日本円で約370円ぐらい。

c0358326_05144042.jpg


どーんと肉も豪快に売っている。この日は朝から暖かく、気温も高めだったけれど、
冷蔵庫に入れずに売っている肉。新鮮だからいいのだろうか。
c0358326_05145931.jpg

c0358326_05170963.jpg


魚もある。

c0358326_05175068.jpg


雙連香蔥花捲というお店で葱パンを購入。
c0358326_05325077.jpg
胡椒がきいたピリ辛で、美味しい。
台湾はやっぱり粉ものが優れている。
c0358326_05245424.jpg
こちらはにらや春雨がはいったパン。
c0358326_05233336.jpg
更に歩く。
斬新な売り方・・・の鶏。なんだかちょっとグロテスク。
c0358326_05225073.jpg

お寿司も売っている。韓国風のお寿司なのだろうか???
c0358326_05181766.jpg

ここでの一番の目的は、この麺を買うこと。
「塩水意麺」
ワタシは120元で買ってしまったけれど、
義妹ちゃんは違うお店で100元で買ったらしい。
この麺も、いろんな方がオススメしていたもので、是非購入したかったのだった。

c0358326_05325969.jpg

朝市はとにかく人で溢れている狭い通りだけど、
そこに更に車やバイクが入ってきて歩くのも大変。
でも、現地の生活を垣間見れるので、来てよかった。
c0358326_05232258.jpg

まだまだ朝なので、今日は台湾鉄道に乗って出かけるのだ。


[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-25 05:44 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 24日

2016台湾旅行 熱炒でばんごはん(12月30日)#13

買ったものを抱えて一度ホテルに帰る。

本当は調べておいたお店に晩ごはんを食べに行きたかったけれど、
1日中歩いてみんなお疲れなので、ホテルの近所で食べることに。

台湾では居酒屋のようなお店を「熱炒(ルーチャオ)」と言うらしい。
ホテルの近くには熱炒通りというものがあり、たくさんの居酒屋があった。
その中の一軒へ。

アスパラのサラダを頼んでびっくり。
上に台湾の甘いマヨネーズがたっぷりかかっている。その上にまぶしてある
カラフルなものは、チョ、チョコですか?
甘いマヨネーズ・・・あまり卵の味はしない。油っぽい感じかなぁ。
美味しいと言う人もたくさんいるけれど、人工的な味がしてワタシは苦手だった。
c0358326_05185646.jpg
いかの炒めたもの
c0358326_05192282.jpg
はまぐりとバジルを炒めたもの
c0358326_05193498.jpg
これはすごく辛かった。ピーナッツとえびの炒めたもの
c0358326_05211873.jpg
かえるの揚げ物は義妹ちゃんセレクト。
c0358326_05202928.jpg
とにかく店内は賑やかで、食べものの種類も色々ある。
でもやっぱり、お昼に食べたような小さな個人店のほうが落ち着いて
美味しいごはんを食べられるかな。

この日もホテルから、ライトアップした台北101が。
ホテルでは、コドモは姪っ子ちゃんと一緒にお風呂に入って、
一人っ子だけど、兄弟のような気分を楽しんだ模様。

やっと1日が終わった・・・(笑)
c0358326_05213600.jpg

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-24 05:37 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 23日

2016台湾旅行 永康街(12月30日)#12

お茶を飲んだ後は、永康街でお買い物。
去年行った、手天品社區食坊で、焼き菓子やパイナップルケーキを購入。
ここのお菓子は、本当に美味しくて気に入っている。
ぐるぐる渦巻きのシナモン味のクッキーやビスコッティ、
どれも素朴だけど噛みしめるほどに美味しくてついつい食べ過ぎてしまう。
c0358326_05555889.jpg
c0358326_05553059.jpg
すぐ斜め前にある宜和餅店にて、黒糖沙琪瑪という
柔らかい北京おこしも購入。
このお菓子は、量がたくさんだったので義妹と半分こする。
c0358326_05523653.jpg

c0358326_05383779.jpg

c0358326_05390239.jpg

去年見て、気に入った置き物がまだ飾ってあった(笑)
古書店にて。

c0358326_05394241.jpg

更に歩き、清淨母語というお店へ。
こちら義妹ちゃんのセレクトしたお店。

ドライパイナップルや豆腐乳、唐辛子の醤などを購入。
c0358326_06005317.jpg
台湾の街は古いものと新しいものが同居していて、
そこに不思議な魅力を感じる。


c0358326_05545343.jpg

c0358326_05541565.jpg


c0358326_05405454.jpg

c0358326_05402880.jpg

c0358326_05411868.jpg

最後は台湾のお茶屋さんでは日本人には有名な沁園さんへ

お店の人に聞きながらお茶を購入。
お土産用にも。
この赤いパッケージの紅茶が、料理研究科の内田真美さんの本や、台湾の本を出している
青木由香さん柳沢小実さんの本にも載っており、気になっていたのだ。

c0358326_06065168.jpg
こうしたお買い物は子供達には興味が無く、
ちょっと可哀想だったかな。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-23 06:15 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 22日

2016台湾旅行 青田茶館(12月30日)#11

ごはんを食べた後は、青田茶館・敦煌畫廊へ。
台湾のお茶が飲めて、子供連れでも行かれそうなところを
事前に調べておいたのだ。

c0358326_15035289.jpg


古い日本家屋を改装して作ってあるそうで、どこを切り取っても趣がある。
台北の市内では、ビルばかりでこうした平屋というのは
珍しいし、緑が豊かな庭も珍しいのではないだろうか。
ここだけ別世界で、街の喧騒を忘れる空間。
(犬もかわいい、やけに吠えてたけど・笑)

c0358326_15104325.jpg
c0358326_15101543.jpg
外観も、置いてあるものも趣があって素敵。
c0358326_15080046.jpg
c0358326_15042228.jpg

c0358326_15095826.jpg
しかし、ここでも6人の人数では入れないのか、待つことに。
店内は混んでいて、人でいっぱい。
茶館のほうではなく、ギャラリーにある席に通される。
ギャラリーではちょうど絵の展覧会をやっていて、その絵が
男性の全裸の絵ばかり(笑)もちろん全身くまなくばっちり描かれており、
どこを見てお茶を飲めばよいのやら・・・という多少の戸惑いが。

ギャラリーの中はこんな感じ。
c0358326_15111452.jpg
時間がないので、お茶はカップで注文する。
パイナップルケーキ
きんつば
蜜香紅茶
蜜香烏龍茶
ミントティー

c0358326_15112793.jpg
c0358326_15115231.jpg
お茶はどれも、とっても香りがよくて、ひと口飲むごとに、心が洗われるよう。
日本で飲んだどんなお茶とも違う味なのだった。

短い時間だったけれど、思い出に残るいい時間を過ごすことができた。
もし、また台湾に来ることがあったら、お茶についてもっと勉強したい。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-22 15:25 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 19日

2016 台湾旅行 六品小館へ(12月30日)#10

MRT(地下鉄)に乗って、東門駅へ。

永康街の奥のほうにある「六品小館」というお店へ。
お昼ごはんはここで、と決めていた。

店内は満席で並んでいる人もいて、もうすぐ閉店時間だからと
一度は断られた。(言葉は通じないけれど、なんとなく雰囲気でわかった)
どうしようか、と地図を見て外で悩んでいたら、急に席が空きはじめたようで、
店内に入れてもらえてほっとする。

お昼でも、美味しいものを食べるときはまずはビール。
台湾ビールはライトなお味。大抵、ぽってりとしたレトロなグラスが出てくる。
c0358326_04552132.jpg
お茶は、こういったアルミのやかん風なものに入っているところが多い。
かわいいので、家にも欲しいなぁ。
c0358326_04553034.jpg
ここは浙江料理のお店。中国浙江省に由来した料理で、中国八大料理の一つらしい。

・涼拌白菜心
白菜の芯の部分を細く切ってあり、干し豆腐、ピーナッツ、パクチーと
和えたサラダ。甘酸っぱくて、ピリ辛で美味しい。ビールが進む~。
ベトナムの青いパパイヤのサラダにも通じるようなニュアンスの料理。
c0358326_04560144.jpg
・雪菜百頁
雪菜と干し豆腐炒めもの。枝豆も入っている。
柔らかい雪菜と干し豆腐が美味しい。シンプルな味付けながら、滋味深い。
c0358326_04555103.jpg
・豆干牛肉絲
干し豆腐と牛肉の細切り炒め
干し豆腐に、牛肉とたれが沁みこんでいて美味しい。ごはんが何杯でもいける味。
c0358326_04561095.jpg
・砂鍋獅子頭
白菜と肉団子の煮込み鍋。大きな肉団子と、とろけるように煮込まれた白菜、
美味しい汁を吸った春雨が絶妙な味。
c0358326_04562024.jpg

紅燒黃魚
魚と豆腐の炒め煮
コクがある味付けの白身のお魚と、旨味を吸ってふっくらふわふわなお豆腐。
まわりのテーブルの人(たぶん現地の人ばかり)が頼んでいたので真似して
注文してみて正解。ごはんもビールもすすむ味付け。
お豆腐がふわふわなのに、形が全然崩れていないのがすごいなぁ。

c0358326_04564578.jpg



店内には唐辛子の漬けたものが。辛そう。
c0358326_04554076.jpg
とにかく、なにを食べても程よい味付けで家庭料理っぽいのだけれど、
きっと自分ではできないだろうなぁという美味しさ。
お豆腐が多用されているのも新鮮だった。

大人数で旅行すると、大変なこともあるけれど
料理をシェアしやすいので、いろんな種類が食べられるのは利点かも。

六品小館(總店)
台北市金華街199巷3弄8號
02-2393-0104
営業時間 11:30-13:30(休日14:00) / 17:00-20:30


[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-19 05:44 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(1)
2017年 01月 18日

2016台湾旅行 四四南村へ(12月30日)#9

台北101から徒歩5分ほどのところにある四四南村へ向かう。
c0358326_05244778.jpg
昔の古い建物が残っていて、それを複合施設として利用している場所らしい。

c0358326_05245950.jpg



前回来たかったけれど、来られなかった「好,丘」というお店。

c0358326_05285128.jpg

Made in Taiwanの物が色々売っているのだ。


c0358326_05254936.jpg
奥がカフェになっていて、ベーグルもたくさんの種類が売っていた。
時間がないので、ここではお茶はせず、買い物だけ。
お茶やお菓子、瓶のもの、紙のもの、台湾産のいろんなものがあって、
目移りしてしまう。
c0358326_05263451.jpg
買い物を済ませ、外にでるとまたかわいい鳥が。

c0358326_05292668.jpg
c0358326_05280352.jpg
c0358326_05294768.jpg
c0358326_05303203.jpg
c0358326_05301959.jpg
昔の軍人村だった施設らしいのだけれど、細かい部分の細工が
レトロでかわいらしくて、たくさん写真を撮ってしまった。
ちょっと明るい色で塗ってある窓や扉も、台湾らしくて素敵。

さて、次は駅まで戻り電車にのってお昼を食べに行くのです。



[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-18 05:44 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 18日

2016台湾旅行 台北101へ(12月30日)#8

台北101は地下5階、地上101階から成る、超高層ビル。

c0358326_05454414.jpg
去年台湾に来たときは、地下のフードコートでごはんを食べた。

今年は、展望台へ行ってみたいという父の希望でやってきた。
時速60.6キロメートルで上昇するエレベーターに乗り、91階の展望台へ。
もちろん、料金が取られる。

こんな景色。360度ガラス張りなので、台北を見渡せるようになっている。
高所が苦手なワタシは、来た瞬間にもう帰りたくなる。

PM2.5の影響なのか、台湾に来ると景色は大抵霞んで見える。
中国が近いからなのか・・・

c0358326_05470784.jpg


アイスクリーム屋さんとか、お土産屋さんもあり。
ビールも売っている。おじさんがビールを買ったら、800円だったそう。高い~!
陽気な牛。

c0358326_05473401.jpg

こちら87階から92階の中央部の吹き抜け空間にあるマスダンパー。
風によって、建物がゆらゆらと揺れないように、設置されているらしい。
写真では小さく見えるけれど、実物は巨大。これで建物を守っているのね。
台湾は、台風が多いからなぁ。
c0358326_05491411.jpg


帰りのエレベーターはすごく混雑していて、
200人ぐらいの人の列に並ばないと降りられない。

早く下界に降りたいワタシにとっては、恐怖の時間だった。
並んだ列には、日本人の方も多数。
(日本語で話しているからすぐ分かる。そして列への並び方が控えめ。)

まだまだ歩きます。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-18 05:07 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 17日

2016台湾旅行 光復市場素食包子店(12月30日)#7

ごはんを食べた後は、MRTに乗って市政府駅へ。
台北101を俯瞰で眺めながら、歩く。

c0358326_05405219.jpg


今回は、スマホのグーグルマップで行きたい場所を保存しておいて、
その地図を見ながら移動。
これだと絶対に道に迷わず、行きたいところにすぐに行かれる。
そのために、日本でレンタルWifiを借りてきたのだ。
同じ姿勢でスマホをいじるコドモとおじさん。
c0358326_05394295.jpg
歩いて行くと國父紀念館(中山公園)が。
急いでいるので、ただ通り過ぎるだけだけど、とにかく建物が大きい。
台湾では、こういう建物は皆大きく、スケールの大きさを感じるのであった。
c0358326_05354130.jpg

南国風の街路樹
c0358326_05412155.jpg
c0358326_05415531.jpg
朝市で賑わう道路を抜け、お目当ての「光復市場素食包子店」へ。

c0358326_05432981.jpg


次々と丸められていく包子。
c0358326_05423167.jpg
そして、これは蒸しているところかしら。
c0358326_05424306.jpg
お店の扇風機と、物干しが、シンプルでオシャレ。
c0358326_05435821.jpg
買ったのは四季豆素包(いんげん豆)の御饅頭。
シンプルな味付けなんだけれど、シャキシャキしたインゲン豆と
ふっくらとした生地がとっても美味しくて、何個でも食べられそう。
インゲン豆って、こんなに美味しいものだったっけ?という感動。
c0358326_05453095.jpg
他にも高麗菜(キャベツ)の包子も購入。
こちらはホテルで食べたけれど、美味しかった。
もしまた台湾に行くことがあったら、また食べたいなぁ。

近くには光復市場も。
c0358326_05421928.jpg
まだまだ歩きます。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-17 06:18 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 16日

2016台湾旅行 林森公園へ(12月30日)#6

次の日の朝、ホテルの近くにある林森公園まで
ごはんの前に、散歩に出かける。

ここの公園は、日本の台湾統治時代に日本人墓地として
利用されていた場所らしい。
大きな木が。
c0358326_05012945.jpg
c0358326_05041476.jpg
この鳥は近づいても逃げない。飛べないのかしら・・・
すごくかわいい。

c0358326_05005826.jpg


花が咲いていたり。
c0358326_05002756.jpg
c0358326_05024768.jpg
ピンクのジャージを着た方々が、踊っていたり
c0358326_05020216.jpg
ぐるぐる散歩をして、台湾の朝を少し感じることができた。

ホテルの朝食は、バイキング。
ネットで見ると評価が低めな朝食だったけれど、
パンやベーコン、スクランブルエッグや、ごはんにお味噌汁もあり、
そんなに悪い朝食ではなかった。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-01-16 05:14 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)