黄昏月

tasogare55.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 28日

2月28日

c0358326_05494837.jpg

たまごサンド。
寝坊して、朝ごはんを食べ損ねたおじさんに持たせる。まったく、もーーー。

我が家のヒヤシンスが咲いた。いい香りで怒りを静める(笑)


c0358326_05424506.jpg


ジャパンライムという名のお茶、ゴーシュでも販売中なのだけど、美味しくて大好き。

緑茶にひまわりの花とレモンピールを加えてあり、すっきり爽やかな味。

昨日作りすぎたケーキと共に、おやつ。
まぁ、言うなれば余りものでおやつってことだけど( ´△`)


[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-28 00:00 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 09日

2016台湾旅行 お土産いろいろ(1月1日)#20

台湾最終日。
具合の悪くなったコドモは昏々と眠っている。
ワタシは暇なので、TVで紅白歌合戦の再放送をひたすら見ていた。

お昼になり、みんな観光から帰ってきたので、
ワタシは、ホテルの近所のお茶屋さんに歩いてお茶を買いに行く。

新純香・・・こちらのお茶屋さんは、日本語も通じるし茶葉も美味しいものが
売っていると評判のお店。
そして、お茶請けのお菓子、舞茸チップスや凍頂烏龍茶梅やパイナップルケーキも
美味しいらしいのだった。
実際に購入したお茶も、お菓子もとても美味しく、お店の方も親切に
色々教えてくださって、行ってよかった。
c0358326_05260761.jpg
お昼ごはんは、仕方なくコンビニごはん。
ファミリーマートもセブンイレブンも、あちらこちらにあるのだった。

義理の妹が買ってきてくれたガーリックフランスパン。
福利麺包
住所 台北市中山北路三段23号之5
奶油大蒜法包(ガーリックフレンチブレッド)
c0358326_05250645.jpg
父が買ってきてくれた、世界のコンテストで1位になったことがある
パン屋さんのレーズンが入ったパン。

誠品生活松菸店地下2階にある吳寶春麥方店のパン
c0358326_05251845.jpg

[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-09 05:35 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 04日

2016台湾旅行 (1月1日)#19

c0358326_06204058.jpg
せっかく部屋から台北101が見えるというのに、昨夜はぐっすり眠ってしまった。

12月31日の大晦日の深夜0時には、台北101の建物から花火が飛び出し、
それを見物に来る人がたくさんいるのだった。

部屋から見ようと思っていたけれど、この部屋は防音もしっかりしているため
外の音も聞こえない。去年のホテルでは、花火の打ちあがる音や、外で新年を祝う人の
声がすごく聞こえてきたので、目が覚めたのに。

1月1日朝になり、コドモが吐き気がすると言う。お腹の調子も悪いらしい。
旅先で、なんということだ。今日で最終日というのに。

朝ごはんも食べられず、ベッドに横になるコドモ。
とりあえず、ずーっと昔、胃腸炎になったときに病院からもらって
余っていた薬を日本から持ってきていたので飲ませる。
ナウゼリンという薬。
旅行の時は、こういう薬をいつも持ち歩いているけれど、実際に役に立つものなのね。

午前中は、ワタシとコドモはホテルに残り、皆には観光を楽しんできてもらう。


[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-04 06:29 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 03日

2016台湾旅行 冠京華へ(12月31日)#18

ホテルに荷物を置いて、少し休んだ後は、地下鉄に乗って南京復興駅へ。

晩ごはんを食べるため「冠京華」というお店へ。

c0358326_05384334.jpg
ここは去年台湾に来たときに、おじさんが単独行動で行ったお店で、
ごはんがすごーく美味しかったというので、今回行くことにしたのだ。
ちょっと前に出た、クレアの台湾特集にも取り上げられていたお店。
c0358326_05404028.jpg
こんな厨房で作っている。店内は満席で店の前にも行列が。
少し待って中に入る。
c0358326_05390053.jpg
こちらメニュー。日本語でも書いてあるのでわかりやすい。
けれど、店員さんは日本語は話せない(たぶん)。
c0358326_05402852.jpg
本当はかにみその小包が美味しいらしいのだけど、売り切れだということ。
残念!
まずはビールでつまむ。
c0358326_05391138.jpg
野菜餃子。包んであるひだが美しい。そして美味しい。
c0358326_05394262.jpg
海老しゅうまい。
日本のしゅうまいとは違い、中がすごくジューシー。美味しいのだ。
c0358326_05395286.jpg
こちらおじさんのオススメハム炒飯とえび炒飯。
ハム炒飯はハムがありえないぐらい細かく刻んであって美味しい。
量も1人では食べきれないぐらい多くて、これで400円しないなんて
安い。
c0358326_05392205.jpg
ワンタンスープも、プリプリのわんたんがたっぷり入って
320円以内。安い。そして美味しい。
c0358326_05393337.jpg
こういう地元に根ざした食堂のごはん、満足。
大人数で旅行すると、大変なこともあるけれど
ごはんの時に色んな種類が食べられるというのは利点です。
今度は、かにみそ小包を食べに来たい。(今度は果たしてあるのだろうか)

[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-03 05:54 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 02日

2016台湾旅行 三峽へ(12月31日)#17


台湾の三大祖師廟ともいわれる、清水祖師廟。
柱の彫刻がとても美しい。

c0358326_05310497.jpg



日本統治時代に作られた街だそうで、赤いレンガでできている。

c0358326_05475332.jpg



この日は土曜日だったからか、すごく賑わっていた。

c0358326_05501003.jpg


c0358326_05482857.jpg


c0358326_05504360.jpg


c0358326_05510793.jpg


c0358326_05513296.jpg


c0358326_05543139.jpg



暑いので、かき氷でも食べようとお店に入る。
「阿宗芋冰城」レトロな内装。
c0358326_05515994.jpg
c0358326_05522818.jpg
抹茶のかき氷は巨大すぎて、とても1人では食べられない量。
c0358326_05525757.jpg
私はタピオカの豆花。これが、本当に体にしみいるように美味しかった。

c0358326_05532575.jpg
ここで相席になった、台湾人のカップル(ご夫婦?)。
男性は、日本に3回旅行に行ったことがあるそうで、日本語が上手。
日本語に興味があるから勉強しているそうで、色んな話ができて
とっても楽しかった。旅の醍醐味って、こういうコミュニケーションにあるよなぁ。
ちょっと一休みするつもりの時間が、とても思い出深いものになった。

帰りはバスでまた鶯歌に戻る。
バス停の場所や、乗るべきバスがわからないので、近くにいる人(台湾人)に
尋ねると、その人達も鶯歌から、台北まで電車で行くとのこと。
「follow me!」と笑顔で言われる。
あちらでは、年配の方でも英語が当たり前のように話せるのね・・・

親切な人に助けられ、無事にホテルまで戻ることができた。




[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-02 05:59 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 02日

2016台湾旅行 三峽へ(12月31日)#16

鶯歌で、器を見た後は、三峽という街へ。
車で10分ほどの距離にあるので、バス停でバスを待つ。

照りつける日差しと、暑さ、来ないバス。時刻表の読み方はわからない・・・
ということで、バス停で待っていたにもかかわらず、駅にいるタクシーに交渉し移動。

ところがこのタクシーが曲者で、渋滞しているからとすごく遠回りをし、
日本円で1600円以上のお金を取られた。

実際に帰りにバスに乗って確認したところ、渋滞しているのは
ほんのわずかな橋の上の区間だけでそんなに遠回りをする必要もないのだった。
台湾では、ほぼ嫌な思いをしたことがなかったけれど、このタクシーの
一件だけは、残念な出来事だった。

三峽に着き、まずごはん。
ごはん屋さんについては、なんの情報も持っていない。
しかも、もう1時半。子供達もお腹がぺこぺこなのだった。

目に付いたお店に入る。

メニューの写真だけはきれい。
c0358326_05302729.jpg
とりあえず、ビール。
c0358326_05303916.jpg
やはり、ちゃんと調べてこないと美味しいごはんには
ありつけないのだった。
炒飯
c0358326_05301477.jpg

滷肉飯
c0358326_05294327.jpg
安くて、簡素なごはんを食べて街へ散策に。

[PR]

by anemonexs7 | 2017-02-02 05:34 | 台湾旅行2016 | Trackback | Comments(0)