黄昏月

tasogare55.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 18日

隆記菜館(12月30日)#5

今日も2つ目投稿。

淡水から電車で西門に戻り、父が是非行きたいというお店へ。
地球の歩きかたに載っていたお店だそうで、
そこで晩ごはんを食べることにする。

「隆記菜館(ロンジーツァイグァン)」という上海料理のお店。
細い路地を入った分かりづらい場所にあった。

日本語はほんの少し通じるも、日本語のメニューはなし。
でも、お店の人は親切に色々伝えようとしてくれる。
「えび」「えび」と何回も言うので、えびがオススメらしいと判断。

炒めたえびには酢をつけて食べるとのこと。初めての食べ方。
プリプリで美味しい。

ガラスのショーケースの中にずらり並んだ小皿料理の中から、
真っ赤な殻つきのえびとシナチクみたいな竹の子料理も選ぶ。
そして、冷製の鶏肉も注文。くるくると回る円卓に並べて。
これだけで、ビールが進んでしまいました。

c0358326_04455070.jpg



空芯菜の炒めもの。シャキシャキしていて、味付けもほどよい。
自分では、こんなに上手に作れない。

c0358326_04462159.jpg


えびチャーハン。パラリとしていて、美味しいしえびの量もたっぷり。
横についた奥さんが、全て1人1人に取り分けてくれる。

写真もちゃんと撮ってね、と写真を撮り忘れていると
お店の方に催促され(笑)

c0358326_04461077.jpg


豚肉のチャーハン。

c0358326_04460217.jpg


もうここで、ビールもたくさん飲み若干お腹いっぱい。

なのにメインのお鍋がどーんと。
「砂鍋(花)三鮮 」という料理。豚肉、鶏肉、お魚、
野菜がたーっぷり入っています。

c0358326_04463229.jpg


グツグツいっているお鍋、迫力がありました。
特に湯葉で包んだ豚のお団子が美味しい。そして、旨味たっぷりのスープも
とっても美味しく、体が温まります。

c0358326_04464046.jpg

それにしても、お腹いっぱい。
満員状態の店内のお客さんは皆すいかを食べていました。
サービスで〆に皆さんに振舞っているそう。
でもお腹がいっぱいで食べられず。
台湾のすいかの味って、どんなんだったんだろう。
食べておけばよかったと、後悔。

こちら1953年に創業し、歴史もあるお店だとか。
台湾の料理やお店とはまた違った文化や雰囲気を感じられました。

隆記菜館
台北市延平南路101巷1号((中山堂のすぐ近く)
(02)2331-5078


[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-18 17:07 | 台湾旅行2015


<< 永和豆漿で朝ごはん(12月31...      淡水へ(12月30日)#4 >>