黄昏月

tasogare55.exblog.jp
ブログトップ

2016年 01月 14日 ( 2 )


2016年 01月 14日

雙連駅からひたすら歩く(12月29日)#5

今日も2つめ投稿。

夕方近くになって、またMRTに乗って出かける。
雙連駅で降りて、目指すは迪化街のはずだった。
夕方、通勤のバイクと車の交通量が半端ではない。

c0358326_19145220.jpg


あちらは、日本と逆の通行システム。
大きな交差点には、おまわりさんが立っていて、
バイクや車を指導している。

横断歩道を渡るときは、明確に人が優先というわけではなさそう。
バイクや車が、どんどん右折してきて、最初のうちは
怖くてビクビクしながら渡っていたけれど、
そのうち、慣れて普通に渡れるようになった。


c0358326_19150486.jpg


駅から歩いている時に見た景色。
これ状の、ぶら下がりお肉はどこに行ってもよく売っていました。
どんな味がするのだろう。

c0358326_19151581.jpg

人通りも激しい。
こうして、屋根のある道がずっと続いているので、
雨が降っていても、ベビーカーを押しながらでも、
比較的濡れずに歩けたので、よかったです。

c0358326_19152486.jpg


c0358326_19153853.jpg

食料品店。
本来ならばこういうところで、じっくり調味料など見てみたい。
(しかし、団体行動・・・)

c0358326_19155872.jpg

歩道に椅子や机を出して営業している飲食店も多い。
日本なら、確実に「この歩道はあなたの敷地ではありません」と
文句を言われてしまうでしょうが。

c0358326_19160890.jpg

c0358326_19164116.jpg

c0358326_19162301.jpg
c0358326_19170433.jpg

ここも、帰りに通ったら賑わっていました。屋台のお店。

c0358326_19171786.jpg

大飯店と書いてあるのは、ホテルのことらしい。
「飯店」という字なので、最初はすごい立派な中華料理屋さんなのかな、
と思っていたけど、違った(笑)

ワタシ達が泊まったところとは違い立派なホテル!

c0358326_19173226.jpg


もう、歩きすぎて足が棒のようなのである。
迪化街に行く前に、お茶の卸をやっているお店を
目指したのだけれど、遠い!
しかも途中で道を間違え、かなりのロスをしてしまった。

どんなに遠くとも、タクシーに乗ろうとは言わない父。
まぁ6人で行動しているので、皆で1台に乗るわけにはいかないけど。
日本から湿布を持って行ったので、夜はコドモは
それを足に張って寝るという(笑)

朝、動物園に行ったことが遠い昔のように思い出されるのであった。


[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-14 11:12 | 台湾旅行2015
2016年 01月 14日

台北101へ(12月29日)#4

動物園をあとにして、台北101へ向かう。
台北101は地上101階、地下5階のビルで、
2004年に世界一の高さの超高層ビルとして完成したそう。

MRT信義線「台北101/世貿」駅で下車。
(この行き方は、動物園に行く電車の中で台湾の女の子が教えてくれた)

c0358326_19131340.jpg
どーんとそびえ立つ101。近すぎてよく見えない。
く、首が折れそうです。やはり俯瞰で見ないと。

お腹がぺこぺこなので台北101の地下にあるフードコートへ。
フードコートとは言っても、長野のイトーヨーカドーの
フードコートとは訳が違うのであった。

たくさんのお店(ごはんのお店、スイーツのお店)が出店していて、
そこで好きなものを注文し、机に持っていって食べる。
席は900席あるらしいのだけれど、人だらけの満席で
空きを見つけるのが大変なほど。

ワタシは台湾らしい食べものがいいな、と思いこのお店へ。
c0358326_19141344.jpg
サラリーマンやOLさんらしき人が並んでいたので、
コストパフォーマンスがいいのかなぁと(笑)チョイス。

興葉蚵仔煎というお店なのだけれど、店名にもなっている
「蚵仔煎」とは、牡蠣の入ったもちもちの台湾風オムレツ。
1度食べてみたかったのだ。
c0358326_19134922.jpg

ワタシは、蚵仔煎、焼きビーフン、青菜の炒めたもの、
肉団子のスープというセットを注文。これで確か140元(約560円)。

コドモはこちら。蚵仔煎、青菜の炒めたもの、麺のセット。
c0358326_19140365.jpg
これに違うお店で、金柑とレモンのジュースを買って飲む。
ジュースも甘酸っぱくて美味。

台湾では何を食べても美味しくて、満足。
これでまた電車に乗り、1度ホテルに戻り、1時間ほど休憩。








[PR]

by anemonexs7 | 2016-01-14 07:51 | 台湾旅行2015